松戸研修センターブログ

August 22, 2015

以前は「リーダー」を学生から募っていましたが、現在はリーダーの下に「ゴミ管理リーダー」「掃除リーダー」等の役職を付け加えました。責任感を持たせるだけではなく、報連相の徹底を図ろうというのがもくろみです。授業開始時に報告時間を設け、各リーダーに報告させます。

 

August 16, 2015

 次の日ベトナム人実習生10名が派遣されるということで、近くの公園で撮影会をしました。なんと3人はベトナムからアオザイを持参していました。それにはびっくりしました。写真の商用転載は差し控えていただくようお願いいたします。

 

August 13, 2015

教室内で座学。教室外で実践、実践、実践を繰り返す。

 

私はセンター内で一日学生に50回以上学生に対して日本語で質問や指示をします。

 

「倉庫の棚からスポンジを持ってきて」

「外に置いているゴミ箱の蓋を洗って」

「コピー機のトレーから紙を3枚とってきて」

 

教室で、事務所で、食堂で、部屋で。教室内で学習した日本語はすぐ忘れますが、教室外で話した日本語は定着率が高いのです。なぜなら学生は場面、場面で日本語の言葉を覚えるからです。「あ~ この日本語、食堂で先生から指示された言葉だな」というように、思い出すのです。

 

そのためには教室、事務所、部屋が瞬...

August 12, 2015

実習生に口を酸っぱくして「靴を揃えて!」と言っています。日本人でも慌てていたらおろそかにしがちですよね。靴の向きを変えて、揃えて一呼吸。部屋に入るとき揃えていたら便利でしょうと説明します。また、お客様の靴の向きが違ったら、向きをかえて揃えてあげてください、そうすればあなたの暖かい気持ちが伝わりますよ。たったこれだけのことですが、できるとできないとで大違いですものね。

 

Please reload

お知らせ

報連相の習慣化を実現

January 5, 2016

1/3
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload