「就労に役立つ日本語教育」について

昨今、外国人労働者受け入れに際しての日本語教育が叫ばれています。

進学が目的の留学生とは違い、外国人労働者の場合、日本語学習目的が違ってきています。 そこでCan-doなどのツールを使用し、学習のゴールをはっきり定める事が必要だと思います。

ゴールが分かれば、言わずとするべきことが決まってきます。初級の基礎固めは留学生教育と同じですが、そこから労働者向けの教育に特化する必要があります。 上司の指示を的確に聞ける、きちんと確認する、会社の日本人と最小限のコミュニケーションが取れ、病気やストレスを打ち明けることができる、周りの住民ときちんと挨拶ができるなどの教育が必要になってきます。

外国人労働者を対象にした場合、これらの教育は一般的に行われている知識伝達型ではうまくいきません。上手くいかない理由があります。また、現場を知った日本語教師がテンポよく粘りずよく授業をする必要があります。


お知らせ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。